タムロンModel-47A 「AF70-210mm F4」の試写

ゴールデンウィークの写真、中休みをいただきましてレンズの試写をしてみたいと思います。
先日より話題にしております、タムロンModel47A 「AF70-210mm F4(IF)」を使います。
今日は日曜日なのになぜか忙しく、あまり時間が取れませんでした。
なかなか思うような写真になりませんでしたが、このレンズ、もう少しポテンシャルがあると思いますのでもっともっと使い込んでみたいと思います。

f0221280_17484392.jpg近鉄電車


f0221280_1749631.jpg黄菖蒲


カメラはコニカミノルタα-7DIGITALです。
タムロンModel47A 「AF70-210mm F4(IF)」をアダプトール2→αマウントアダプタを使って装着しました。
絞りはとりあえず開放であるF4で固定です。
絞り込み測光になりますのでファインダ上は明るい方が嬉しいです。

1枚目、焦点距離は70mm、換算焦点距離で105mm相当です。
2枚目、焦点距離210mm、換算焦点距離で315mm相当です。

AFについては2枚ともレンズのAF機能を使ってピントを合わせ、あえて微調整はしておりません。
近鉄電車についてはほぼ無限遠でOKな距離ですので問題ないはず。
2枚目の黄菖蒲はレンズのAF機能でほぼ問題ありません。
いったんピントが合ったという「ピピッ」という音がしても、ピントがずれているようなら再度AFボタンを押しっぱなしにしてやると再測距します。
この2回目でだいたいピントが合うことが多いように思いました。
レンズの移動距離が多い場合・・・至近から無限遠近くなど・・・では最終的に微調整に手間取りちょっとずれたまま合焦サインを出すこともあります。
もちろん、レンズ内のセンサで測距をしているからずれやすい、というのもあるでしょう。
しかし、根気よく何回もAFボタンを押しているとなんとなく合ったりします。(^^;
やっぱりMFの方が速いです。

今日はあまり試写できませんでしたのでまたあらためて試写したいと思います。
ミノルタ用タムロンの18-105mm、F4-5.6、Model-79Dの試写もしなければ。

そして・・・。
またレンズを買ってしまいました。
実はオークションでペンタックスのistDSと両方追いかけていたのですが、istDSにするつもりがレンズの方に上乗せで入札をしてみたらそのまま落札してしまったという・・・。
うーん、istDSの方が良かった・・・かな?
詳細はまた明日にでも。
[PR]
by intellistation-e | 2010-05-09 18:05 | カメラ・レンズ