タムロン28mmの試写

こんにちは!!

日が差すと暖かさを感じますね。
京都の予想最高気温は24度で過ごしやすい陽気です。
そのかわり、昨夜はちょっと冷え込んだ感じ、洗濯物の乾きも悪かったです。

さて、今日は思っていたほど忙しくなかったので、早速届いたばかりのタムロン28mm、F2.8の試写をしてきました。
おまけがたくさんでとても好感度が高い出品者さまでした。
小物入れは良いとして、おまけがなんとタムロンModel-03A・・・。(^^;
昨日、試し撮りをアップロードしたばかりの80-210mm、F3.8-4(ただし、交換マウントは付属せず)がおまけとして付いてきました。
おいおい・・・。
といっても、もちろん完動品ではなく要整備のカビ個体ですが、それでも太っ腹すぎます。
整備についてはどうしようかな・・・ということで、ネットを探してみるとこのサイトさま「タムロンレンズのレストア記録」でModel-03Aの分解整備記事を載せておられます。
しかもPDFファイルでダウンロード可能という素晴らしいサイトさまです。
03A以外にもModel-52BBの分解整備記事もダウンロードできるので、ここは有効に活用させていただきたいところです。
レンズの分解整備はあまり自信がないのですが、時間があるときにでも是非チャレンジしてみたいですね。

肝心の28mm、F2.8ですが・・・モデル名はPFH-28Auだと思われます。
思われます、というのはタムロンの公式サイトにある「35mm交換レンズ/旧シリーズMFレンズ」のページで28mm、F2.8に該当するモデル名を調べた結果、このモデル名しか該当しなかった、という事です。
レンズの発売は何と1972年と考えられます。
自分のもっているAi改造ニッコール105mm、F2.5といい勝負です。
とはいえ、当時、28mmの超広角レンズで開放F値が2.8というのは極めて優秀なレンズだと思われますね。
当時、35mmがすでに広角域で、20mm台は超広角と言って差し支えない領域でした。
APS-Cサイズが普及した現代では約1.5倍に換算して考えますから、28mmでも換算焦点距離は42mm相当になります。

さて、この28mmレンズにはありがたいことに交換マウントも付いてきておりました。
もともとはアダプトマチックシステムのはずだと思われますが、付属してきたのは何とアダプトール2のニコンAi用、カニ爪付きでした!
カニ爪付きのアダプトール2ニコンAi交換マウントは極めて貴重、オークションでも2500円前後の価値はあります。
何が良かったかと申しますと、手元にあるタムロンのアダプトールMFレンズ群が全てニコマートELで使用可能になる、という事です。
ニコマートELはカニ爪による絞り連動がないとAEが使えません。
よって、マウント不変のニッコールレンズ群といえども、カニ爪が付いているものしか使用できません。
たった1つの交換マウントでカメラの可能性が飛躍的に広がるんですね。

それではModel-PFH-28Auの試写をしてみることにいたしましょう。

あまり遠出もできませんので、散歩がてらのいつもの風景、いつもの畑での写真です。
1枚目は近鉄電車を撮りましたが、オールドレンズらしく光が豊富なシーンでは飽和してしまいそうに見えます。
2枚目は畑で小さな花に寄ってみました。
マクロ機構なんてしゃれたものは実装されておりませんが、最短撮影距離は25センチ、けっこう寄れます。
3枚目は畑に咲いていたお花です。
ボケも自然でなかなかいいですが、ボケ質はどうかなー。
中途半端にしぼるとボケが荒れるような気がします。
タムロンらしく思い切って開放でどうぞ、というイメージを受けました。
4枚目は畑から太陽の方を向きましたが、逆光にはかなり弱いと思います。
そらそうか・・・。(^^;
レンズフレアも発生しやすいですね、そこが面白いところかもしれません。
レンズコーティングも現代の技術とは比べものになりませんからね。
あまり撮る時間はありませんでしたし、まだまだ使い込んでおりませんので何とも言えないところではありますが、基本的にオールドタムロンらしい柔らかいイメージとあっさりとした発色で使いやすいレンズだと思います。
ただ、強すぎる光には要注意、このレンズに限らずオールドレンズ全般に言えることだと思いますが・・・。
レンズの状態は悪くありません。
ピントヘリコイドは全く問題なし、トルクも十分で重すぎません。
ただ、近接時におけるピントの山はちょっとつかみにくいです。
逆に、この手の広角レンズは3メートル以上がすなわち無限遠ですので、遠距離は問題ないでしょうね。
絞りはラバーが伸びて劣化しており、回すときにかなり滑ります。
ラバー部分を交換する必要がありますが、強めに押さえるとちゃんと動きますので大丈夫です。
接着剤は使いたくないので、適当な輪ゴムでも巻こうかな・・・というところです。(^^;


f0221280_1673016.jpg
いつもと同じ風景ですが・・・

f0221280_1675458.jpg
けっこう寄れます

f0221280_168162.jpg
ふわっとした写り

f0221280_1685331.jpg
逆光には弱そう、レンズフレアも発生しやすい


使用したカメラはコニカミノルタα-7DIGITAL、レンズは前出の通り、タムロンModel-PFH-28Au、28mm、F2.8、「アダプトール→αマウント」アダプタを使って装着しました。
なかなか面白く撮影できました。
また週明けにでも試写の続きをしたいと思います。
そういえば、今日はシグマの素性不明のレンズは届きませんでしたね。

さて、先日はたくさんのコメントをいただいておりましてありがとうございます。
オークションでのレンズ購入については不安感を持っておられる方もいらっしゃるかとお察しいたします。
基本的にはカメラ業者さんからのご出品は安心感がありますし、カメラファンの方からのご出品も説明や確認がしっかりしていると思います。
まだオークションでのレンズ購入を体験されたことのない皆さま、説明文をよくご覧になって、万が一、失敗しても惜しくない金額のアイテムから始められるといっそうカメラの世界が広がってくると思います。
説明がしっかりしていて割安感がある業者さんはこちらなんかいかがでしょう。
ゴミ多めと説明にあってもけっこう使えるレンズが多いと思います。
賛否両論あるかと思いますが、自分はよく利用しています。
ハローカメラさんのYahooオークション
ただ、この業者さん、なにぶんにもプロですよね、あたりまえですが・・・。
よって、「ジャンク」と説明にあるものは本当にジャンクです。(^^;
商品の価値はよくご存じですので、ちょっとでも値段が付きそうなものはそういう説明をしてオークションでさばいてしまわれます。
逆に、この業者さんがジャンク、と判断されたのなら本当にジャンクかな、という判断もつくと思いますね。

お知らせです。
明日は実家の両親とともに日帰りで出かけてきます。
最近、「試写」ばかりで面白くありませんでしたが、来週はたっぷりと娘の写真をお届けできると思います。(^^;
行き先は先日も出かけてきましたが長島リゾートの予定をしています。
娘がアンパンマンミュージアム&パークを気に入ったのと、長島温泉で両親に日頃の疲れを癒して欲しいのと、アウトレットでかみさんが買い物をしたいのと、なばなの里でお花の写真が撮れるかなー、という家族それぞれの思惑が一致するのが長島温泉だからであります。(^^;
かみさんの出産を12月に控えておりますので、遠出ができるのもこれが最後かもしれません。
娘にも寂しい思いをさせることと思いますので、今のうちにお気に入りのところへ連れて行ってあげたいですね。
さて、カメラは何を持っていこうかなー。(^^)
ニコンD50にタムロンModel-176D、28-105mm、F2.8 を装着、キヤノンEOS-10DにEF28mmを、コニカミノルタα-7DIGITALにシグマ28-70mm、F2.8-4UC、それにタムロンModel-52BB、SPマクロ90mmは外せません。
すごい荷物になりそうですね・・・。(^^;
もっと減らさなきゃ。

それでは皆さま、良い日曜日をお過ごし下さいませ!
また月曜日にお会いいたしましょう!
[PR]
by intellistation-e | 2010-10-23 17:52 | 写真